選ぶには

funeral service

納骨堂の色々な魅力とは

日本では、特に都心で納骨堂への需要が増えています。そもそも納骨堂とは、遺骨を安置しておく屋内施設のことです。 納骨堂を利用すると、普通のお墓では得られないいろいろなメリットがあります。まず1つが、基本的にバリアフリーであることです。納骨堂の建物内には、エレベーター、手すりがあり、段差もほとんどありません。よって、お年寄りでも移動が簡単にできるようになっています。その他にも、冷暖房、照明設備があるので、快適にお参りができます。 その他のメリットは、永代供養が保証されていることです。納骨堂の管理者が、承継者の有無にかかわらず、代わりに永代に供養してくれます。そのため、無縁仏になる恐れもなく安心といえます。

選ぶ時に気をつけること

納骨堂は、ネットで調べると色々な場所があることが分かります。そのため、ネットの情報を頼りに、ついつい納骨堂を選びがちです。しかし、納骨堂を決める際には、絶対に自分の目で確かめることが大切です。 そもそも納骨堂は、寺院によって種類・管理方法、供養法、費用がいろいろとあります。例えば費用に関しても、管理費を契約時から納める場合、納骨時から払うところまで色々です。そのような細々としたことは、寺院に直接、足を運んで相談しないと把握できません。また、直接現地にいくことで、交通状況、寺の雰囲気、住職の人柄も確認できます。なので、ネットの情報やパンフレットで選ぶのではなく、自分の目で見ることが確実といえます。